クレジットカードを選ぶ時はポイント

クレジットカードを選ぶ時のポイントとして

1 カード作成時点でポイントや特典がついている事
カードを作った時点で3000ポイントプレゼントとか商品券をプレゼントなど作るだけで得点を受け取れることは魅力の一つだと思います

2 ポイントが貯めやすい
ポイントを多く貯めることが出来るカードは商品を買った時の還元率に大きく差が出ます
100円で1ポイントつくよりは100円で3~5ポイント付いたほうが単純3~5倍の差が出ます
クレジットカードの番号を入力
3 貯めたポイントを使いやすいか
貯めたポイントは使えないと意味がありません、貯めたポイントは利用月から数年たったら消えてしまうものもあります
ポイントの使用方法がサイトから商品に交換、商品券になどありますが必要なポイントに達する前にポイントが失効してしまうことがあります
少ないポイントから商品代金の割引に使えたり、商品交換出来る事はとても重要なことです

4 商品代金が割引される
通常多くのお店でいろいろな会社のクレジットカードが使えます
しかし提携店でないカードを使っても割引はなく溜まるポイントも少ないことでしょう
ですがよく使うお店の提供クレジットカードであれば何もサービスのない日でも5%引きになったり特別な日には10%~20%引きになることも多いです
より多くの店舗数があるお店や、提携店のカードを持つほうがメリットは大きくなります

5 会員限定特典がある
通常の人には適用にならない価格や買えない商品、お知らせが届くカードがあります
会員限定特典として毎月ハガキが届き割引カードとして利用できたり通常価格より大幅値下げの商品情報が届いたりします
普段の割引と併用して使えたりする会社もあります
このサービスの有無だけでもかなりの差が出る事でしょう

6 利用するだけでプレゼントがもらえる
カードを持っているというだけでプレゼントしてくれるお店があります
余り豪華な商品ではないかもしれませんがティッシュの箱詰め合わせ、洗剤など日常で多く使われるものをプレゼントしてくれるところがあります
何かおまけがついてくるだけでも持っていてよかったと思えるのではないでしょうか

クレジットカードを選ぶ際はポイントが多く溜まって、割引率が高く、おまけがついてくる、使った時のメリットが多いところを選ぶ方が良いと思います

カテゴリー: お金の話 パーマリンク